読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レアでモダンな美容に翻弄される毎日を完全マスター

ヒマなアラサーOLがネットで見つけたスキンケアに関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もなんとなく若々しい素肌ケアの事を書いてみる。

今日文献で集めていた情報ですが、「美肌ケアには欠かせない美容液は基礎化粧品の一種で、洗顔料で顔を洗った後に、化粧水によって水分を与えた後の皮膚に塗るというのがごく基本的な使い方でしょう。乳液状のタイプやジェル状の製品などとりどりのタイプが上げられます。」だと考えられているとの事です。

私が色々みてみた情報では、「美容成分セラミドにはメラニンの生成を抑え込んで、日焼けによるシミ・そばかすを予防する大切な美白効果と肌への保湿によって、乾燥肌やシワ、肌のざらつきなどのいろんな症状の肌トラブルを阻止する優れた美肌機能があります。」な、提言されている模様です。

ちなみに私は「念入りな保湿によって肌の調子を健康なものにすることで、紫外線の吸収をコントロールし、乾燥によって生じる数多くある症状の肌問題や、それに加えてニキビの痕跡が薄茶色の色素沈着を引き起こす状況を未然防止することに繋がるのです。」のように提言されているとの事です。

なんとなく文献で集めていた情報ですが、「化粧水を顔に使う際に、およそ100回ほど掌全体でパッティングするという説を見かけますが、こういうことはやめておきましょう。肌が敏感な場合は毛細血管が刺激され困った症状「赤ら顔」の原因になってしまいます。」と、考えられているとの事です。

素人ですが、色々集めていた情報ですが、「専門家の人の言葉として「化粧水をケチケチ使ってはいけない」「豪快に浴びるようにつけた方がいい」と言われることが多いですね。実際に化粧水をつける量は足りないくらいより多めの量の方がいい状態を作り出せます。」な、公表されていると、思います。

素人ですが、検索で探した限りですが、「お肌の真皮層の7割がコラーゲンによって組成されていて、細胞間にできる隙間を満たすように繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌のハリを維持し、シワやたるみのない滑らかな肌を持続させる真皮層を形成する最も重要な成分です。」な、いう人が多い模様です。

今日検索でみてみた情報では、「朝晩の洗顔後化粧水を肌に使用する際には、最初に適量を手に取り、体温で温めるような雰囲気で掌に大きく伸ばし、顔の肌全体に優しく押すようにして馴染ませることが大切です。」な、提言されている模様です。

こうして「経口摂取されたセラミドは一旦は分解されて他の成分と姿を変えるのですが、その成分が表皮まで届くとセラミドの生成が開始され、表皮におけるセラミド保有量が増加することになるのです。」のように解釈されている模様です。

それはそうと私は「肌への効き目が表皮だけにとどまらず、真皮にまで到達することが確実にできる希少なエキスと言っても過言ではないプラセンタは、表皮の代謝を活発にすることによって透明感のある白い肌を具現化してくれます。」な、解釈されているそうです。

ちなみに私は「セラミドを料理とか健康食品・サプリなどの内部からと、化粧水や乳液などの外部から身体に取り込むということにより、非常に効率よく若く理想とする肌へ持っていくことが可能であるのではないかとのコメントもあります。」のように公表されているようです。