読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レアでモダンな美容に翻弄される毎日を完全マスター

ヒマなアラサーOLがネットで見つけたスキンケアに関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

知りたい!美容ケアについての考えを書いてみる

今日サーチエンジンで集めていた情報ですが、「セラミドは皮膚の角層において、細胞と細胞の間でスポンジみたいな働きをして水と油分をしっかり抱き込んで存在している脂質の一種です。肌だけでなく髪を瑞々しく保つためにとても重要な役割を持っているのです。」のように公表されているそうです。

今日サイトで探した限りですが、「プラセンタが化粧品や健康食品・サプリに応用されていることはとてもよく知られていて、元気な細胞を新たに作り、新陳代謝を改善する能力により、美容面と健康面にその効果を発揮しています。」のように公表されているそうです。

素人ですが、サイトで集めていた情報ですが、「保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲン&エラスチンによって作られたネットワークの間を満たすような状態で存在していて、水分を保有する働きによって、潤いにあふれたハリのある健康的な美肌へと導きます。」と、考えられていると、思います。

つまり、基本的に市販されている化粧水や乳液などの基礎化粧品や健康補助食品に配合されているプラセンタは馬や豚の胎盤を原料としたものが使用されています。安全性の高さの面から判断した場合、馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが間違いなく安心できるものです。」のようにいわれているようです。

私がネットで集めていた情報ですが、「最近注目されているプラセンタが化粧品や健康食品・サプリに用いられているということは結構認知されていることで、細胞を新しく作り、新陳代謝を亢進させる薬理作用により、美容や健康に対し高い効果をもたらします。」な、解釈されていると、思います。

その結果、 ヒアルロン酸とはそもそも人の体の中の数々の箇所に存在する、ヌルっとした粘性が高い液体であり、生化学的に表すとムコ多糖類の一つであると言えます。」な、考えられているようです。

なんとなくサーチエンジンで集めていた情報ですが、「元来ヒアルロン酸とは人の皮膚や細胞に広く分布している物質で、驚くほど保水する優れた能力を持った生体由来の化合物で、非常に多くの水を貯めておく性質があります。」な、結論されていみたいです。

さて、最近は「セラミドは肌を潤すといった保湿の効果の改善とか、肌から水が蒸散してしまうのを着実に食い止めたり、外側からのストレスや汚れや雑菌の侵入を防いだりするなどの役目を持っています。」な、いう人が多いみたいです。

たとえば今日は「人の体の中では、次々と消化酵素でのコラーゲンのアミノ酸への分解と新たな合成が活発に行われ新しいものに置き換えられています。加齢が進むと、ここで保たれていたバランスが不均衡となり、分解の比率の方が多くなってくるのです。」だと解釈されているとの事です。

素人ですが、ネットで調べた限りでは、「よく耳にする高機能成分セラミドにはメラニンの合成を防ぎ、気になるシミ・そばかすを予防する美白作用と肌を保湿することによって、ドライ肌や小じわ、肌のざらつきなどの肌のトラブルを改善する抜群の美肌機能を保持しています。」な、いわれている模様です。