読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レアでモダンな美容に翻弄される毎日を完全マスター

ヒマなアラサーOLがネットで見つけたスキンケアに関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

ダラダラしてますが美肌を保つケアの要点を書いてみました

なんとなく書物で調べた限りでは、「成長因子が多く含まれるプラセンタは次々にフレッシュで元気な細胞を速やかに作り出すように促す力を持ち、内側から全身の組織の末端まで染みわたって細胞という小さな単位から肌だけでなく身体全体の若さを取り戻してくれるのです。」と、結論されていみたいです。

今日サーチエンジンで探した限りですが、「保湿によって肌を改善することにより、紫外線の吸収をうまくコントロールし、乾燥が元で引き起こされる憂鬱な肌問題や、これ以外にはニキビが治った跡が色素沈着となる状況を事前に抑止してもらうことも可能です。」だと解釈されているとの事です。

それなら、 若々しい健康的な肌にはセラミドがたっぷり含まれているため、肌も潤ってしっとりやわらかです。ところが悲しいことに、歳を重ねることによってセラミド含量は次第に減少します。」な、いう人が多いらしいです。

なんとなく検索でみてみた情報では、「タンパク質の一種であるコラーゲンという物質は、美しさや健康をキープするためになくてはならないとても大切な栄養素です。健康なからだを作るために必須のコラーゲンは、身体の新陳代謝がダウンすると食事などで補給することが必要になります。」な、解釈されているようです。

素人ですが、文献で探した限りですが、「体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃に一番多く、30代に入ると急速に減少するようになり、40代以降には乳児の頃と比較してみると、5割程度にまで激減し、60歳を過ぎるとかなりの量が減ってしまいます。」だという人が多いと、思います。

たとえば私は「コラーゲンを多く含有するタンパク質系の食材を意識的に摂取し、そのおかげで、細胞が強くつながり水分を守れたら、弾力があって瑞々しい美的肌と言われる肌を作ることができるのではないでしょうか。」のようにいわれているらしいです。

本日文献で調べた限りでは、「美容的な効果を目的として使用されるヒアルロン酸は、保湿効果の高さを製品コンセプトとした化粧水や美容液などの基礎化粧品や健康食品・サプリなどに利用されたり、非常に安全性が高いためヒアルロン酸注射というアンチエイジング治療法としても活発に用いられています。」な、提言されている模様です。

それゆえ、美容液というのは肌の奥深い部分までぐんぐん浸透して、内側から肌を活性化してくれる栄養剤の働きをします。美容液の一番の働きは、ありふれた基礎化粧品では不可能な肌の「真皮」にまで必要とされる栄養分を確実に送り届けることです。」な、いう人が多いそうです。

それはそうとこの間、よく耳にする高機能成分セラミドにはメラニンの合成を日焼けなどが原因のシミ・そばかすを防御する有益な美白作用と肌への保湿により、肌の乾燥や小じわ、キメの乱れなどの憂鬱な肌の悩みを防止する抜群の美肌機能を保持しています。」と、解釈されているそうです。

なんとなくサーチエンジンで探した限りですが、「セラミドは肌の角層内において、角質細胞の隙間でスポンジのような役割で水や油分を保っている存在です。肌だけでなく髪の毛の潤いの維持になくてはならない働きを担っていると考えられます。」な、公表されているみたいです。